1、職種、資格、条件、希望等について受入団体、企業と相談する
      2、国内で推薦企業より条件に合致する人を選抜する
      3、受入団体、企業は中国で、推薦企業を訪問し、技能実習生候補者に面接する
面接合格者は所属企業と推薦派遣契約書を締結する
      4、面接合格者に健康診断実地市立病院を指示する
      5、面接合格者に健康診断実地市立病院を指示する
 

       技能実習生たちは日本で順調に日常交流を行うためには、正確で早い実習技能を把握できるように、出国前、日本語の勉強を徹底的に受ける必要があります。優秀な人材を育成すために、日本語のみならず、技能の取得、社会常識、道徳等教育しています。
      1.弊社直属経営の日本語学校(最大300名うけ入れる)は外部との完全隔離教育方式を行い、教えと学びに役立ちます。
      2.勉強期間は三ヶ月です(72日×8時間=576時間)
      3.実習生候補者たち出国前の日本語を勉強する目的はただ使えるだけでなく「聞く・読む・話す・書く」の4方面を中心で講習を行います。
      4.外国語で授業を行う際の教材は「新日本語基礎教程」、JITCO
出版の単語集です。
      5.一日も早く日本の生活に慣れ、文化の違いで問題を起こさないように、出国前、上洋学校で詳しく講習を行います。例えば、日本の文化、日本のマナー、日本の風俗習慣という内容です。
      6.教育を受けている間・遅刻・早退・無断欠勤などは許しません 。